Director

 satoshi kase

 加瀬 聡

 1975年千葉県館山市生まれ。
 美容師、バンド活動、フリーター等多岐の職業、活動を経て、日本映画学校へ入学。
 卒業後、フリーランスの映画助監督として、成島出、犬童一心、根岸吉太郎、降旗康男
 監督ら、様々な監督のもとで演出を学ぶ。
 2011年、長編処女作『SPINNING KITE』が、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭で
 国際長編コンペティションにノミネート。これを皮切りに、世界12の独立系映画祭、
 映画賞でノミネートと受賞を果たし、2013年に劇場公開される。
 同年10月には埼玉県と松竹の共同製作映画『埼玉家族』の一編「キャンディ」を
 監督。翌2014年は、文化庁委託事業「ndjc:若手映画作家育成プロジェクト2014」に
 選出され、『もちつきラプソディ』を監督。
 2016年、若手監督5人によるオムニバス長編映画『スクラップスクラッパー』の
 一編「V」を監督。
 2017年、HKT48の初アルバムに収録される『東映Presents HKT48×48人の
 映画監督たち』内の短編作品「婿入金魚」を監督。
 最新作は、2019年2月21日~ CBCテレビとdTVで放送中のドラマ『ゼブラ』。